« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011.06.29

【有価証券報告書】2011年3月期分がEDINETで閲覧可能に

 6月29日、伊予鉄道第103期(2011年3月期)の有価証券報告書がEDINETで閲覧可能となった。 これによれば、現在進められている主な設備投資は以下の通りである。

件名セグメントの名称投資予定額(千円)着手年月完成予定年月
 総額 既支払額
CTC装置更新 交通部門 516,700 2011年4月 2012年3月
鉄道車両譲受更新 交通部門 299,800 2011年7月 2012年3月
高速バス購入 交通部門 137,500 2011年4月 2011年7月
乗合バス購入 交通部門 95,500 2011年10月 2012年1月
賃貸マンション建設 不動産部門 112,890 987 2010年7月 2012年1月
次期コンピュータシステム構築 全社部門 141,470 83,056 2010年11月 2011年10月

【参考】
EDINET

【当Webサイト掲載の関連記事】
【株主総会】1割配当を維持(2011.06.28)
【株主総会】6月28日(火)に開催(2011.06.14)
【決算】2011年3月期は減収増益(2011.05.25)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.28

【株主総会】1割配当を維持

Photo 6月28日(火)に開かれた伊予鉄道第103期(2011年3月期)定時株主総会において、決議事項3件はいずれも原案通り可決された。
 これにより、第103期もこれまで同様に期末配当は1株(50円額面)につき2円50銭となった。中間配当の1株につき2円50銭と合わせての年1割の配当を維持している。

【当Webサイト掲載の関連記事】
【株主総会】6月28日(火)に開催(2011.06.14)
【決算】2011年3月期は減収増益(2011.05.25)

【2011年6月29日追記】
 株主向け「定時株主総会決議ご通知」送付とともに添付されている第103期(2011年3月期)営業報告書の表紙画像を挿入しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ICカード】JR四国は2014年度までに導入へ

 JR四国はICカード乗車券を2013年度以降かつ2014年度までに導入する意向を明らかにした。これは6月27日に開かれたJR四国定例会見で同社泉雅文社長が表明したもの。
 2013年春にはJR四国を除くJRグループ旅客5社と大手私鉄がIC乗車券の相互利用を始める予定になっているが、JR四国の導入はその後になる見込みを示したことになる。また、導入は段階的に行われ、岡山乗り換えが多い香川地区からの段階導入という見通しも示された。
 今月・6月8日に改正旧国鉄債務処理法が参院本会議で可決、成立しており、この法案には鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄建機構)の剰余金を活用したJR四国などへの支援が盛り込まれている。これにより、JR四国には総額1800億円が支援され、この中から設備投資に400億円を配分する予定で、この設備投資によりICカード乗車券の導入をはじめ老朽車両更新が行われる見込み。

 四国地区の鉄道のICカード乗車券については、今から9年前の2002年2月にJR四国・伊予鉄道・高松琴平電気鉄道・土佐電気鉄道の4社が共通カード導入に合意しており、この時点での導入時期は2014年としていた。JR四国以外の四国地区民鉄3社はすでにICカード乗車券を導入しており、今回のJR四国のICカード導入時期見通しが報道されたことにより、四国内相互や他地域相互のICカード乗車券利用がどうなるのかが注目される。

【参考】
asahi.com(朝日新聞社)「唯一ICカード未対応のJR四国、14年度までに導入へ」(2011年6月27日21時43分)
・日本経済新聞 四国経済面「JR四国社長、IC乗車券導入「13年度以降に」 」(2011年6月28日付朝刊)
・日本経済新聞 四国経済面「JR四国、ICカード導入検討、経営支援法が成立」(2011年6月9日付朝刊)
四国新聞ICカード導入を検討/支援決定でJR四国」(2011/06/10 09:26)
四国新聞共通カード導入へ JR四国など3社」(2002/02/26 09:54)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.24

【鉄道・バス】「ことばのちから」ラッピング車登場、松山市駅の発車メロディーも変更

 「ことばのちから」ラッピングバス2両と電車1編成が6月24日(金)から新たに登場し、これにあわせて、同日午前に出発式が関係者出席の下で行われた。
 これは松山市が推進する「ことばのちからイベント」に協賛するかたちで実現したもので、伊予鉄道では2006年3月から市内電車に「ことば(入選作品)」を掲載してきている。バスと郊外電車の車両に「ことばのちから」入選作品がラッピング掲出されるのは初めて。
 松山市駅前のバスターミナル11番降車場(坊っちゃん広場横)で10:00から行われた出発式には、松山市の野志克仁市長らが出席してテープカットを行い、運行開始を祝った。
 リムジンバスは松山市内中心部と松山空港とを結ぶ8台のうち2台が今回のラッピング対象となった。郊外電車は612-662の編成に「ことば」がラッピングされている。関連費用は伊予鉄道・伊予銀行・松山市の3者で負担しているとのこと。

 また、同日からは、伊予鉄道松山市駅郊外電車の発車メロディーが、新井満氏による「この街で」に変更となった。「この街で」は、「ことばのちから」で募集され市長賞を受賞した言葉が元となって生まれた歌で、すでにJR松山駅の入線メロディーとして使われている。

【参考】
伊予鉄道公式Web
 「『ことばのちからラッピングバス・電車 出発式』実施と松山市駅 電車発車メロディーの変更について」(2011.06.24)
愛媛新聞ONLINE
 「「ことばのちから」ラッピングバス出発式 松山」(2011年06月24日(金)
EBCスーパーニュース
 「ことばのちからラッピングバス出発式」(2011.6.24 11:58)
RNB OnlineNews
 「「ことばのちから」ラッピングバス・電車出発式」(2011-06-24・14:35)
伊予銀行プレスリリース
 「「ことばのちから ラッピングバス・電車」の出発式を開催します」(2011年6月22日No.11-082)
・日本経済新聞2011年6月25日付朝刊四国経済面掲載の記事
松山市報道資料
 「街はことばのミュージアム ことばのちからラッピングバス・電車出発式」(2011年6月17日)
 ※添付ファイル「バス・電車イメージ図」あり

※追記:2011年6月25日
 本日付日本経済新聞に関連記事が掲載されていた情報を追記し、参考資料に追記しました。
※追記:2011年6月28日
 本日、松山市報道資料に該当報道資料が掲載されていたので、この情報を追記しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.23

【高速バス】お盆期間中の予約・利用についてWebに案内を掲載

 伊予鉄道は公式Webに、「お盆期間中に高速バスをご利用のお客様へ」と題する予約・利用についての案内を6月23日付で掲載した。

 同期間中の高速バス各線は混雑が予想されるので、早めの予約を促すとともに、特に8月12日~8月21日運行便の東京線予約については、

・予約受付開始日の予約は電話優先(09:00受付開始)
・予約受付開始日の窓口での予約は09:30より受付開始

としている。

【参考】
伊予鉄道公式Web
 「お盆期間中に高速バスをご利用のお客様へ」(2011.06.23)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.22

【鉄道・バス】総合情報システムサービス一時停止の予告

 伊予鉄道公式Webに6月22日付で掲載されたお知らせによれば、今月末の6月29日(水)~30日(木)の終日、電車・バス総合情報システム(電車・バスリアルタイム接近情報)においてシステムメンテナンスのため、サービスを一時停止するとのことである。
 今回のサービス一時休止に該当するシステムは以下の通り。

・駅、公共施設に設置している総合情報システム表示器
・バス停バスロケーションシステム表示器
・郊外電車およびバス車内のLED表示器
・伊予鉄道公式Web、携帯電話の電車・バス接近情報

【参考】
伊予鉄道公式Web
 「電車・バス総合情報システムサービスの一時停止について(6/29~30)」(2011.06.22)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【バス】6月24日に「ことばのちから」ラッピングバス発車式開催

 伊予銀行が6月22日に発表したプレスリリースによれば、伊予鉄道が運行する松山空港リムジンバス2台に、松山市がすすめる「ことばのちから」事業の「だから、ことばの大募集」で入選した作品を掲示することになり、6月24日(金)に出発式が行われる予定であるという。
 出発式の概要は以下の通り。

■開催日時:2011年6月24日(金) 10:00~10:30 ※雨天決行
■開催場所:伊予鉄道ターミナルビル北側11番降車場(坊っちゃん広場横)
■主催:松山市、伊予鉄道株式会社、ことばのちから実行委員会、株式会社伊予銀行
■式次第:
1. 開式
2. 主催者挨拶
 松山市        市長 野志 克仁 氏
 株式会社伊予銀行 頭取 森田 浩治 氏
 伊予鉄道株式会社 代表取締役社長 佐伯 要 氏
3. テープカット
4. 記念撮影・ラッピングバス出発
5. 閉  式

 なお、郊外電車2両にも「ことば」がラッピングされ、同時に松山市駅郊外電車の新たな発車メロディーとして「ことばのちから」から生まれた歌「この街で」が使われることになった。上記のバス出発式の後、10:48に松山市駅1番線にラッピング郊外電車が到着し、新しい発車メロディー「この街で」が流れた後に同編成が横河原行き電車として10:51に発車することになっている。

【参考】
伊予銀行プレスリリース
 「「ことばのちから ラッピングバス・電車」の出発式を開催します」(2011年6月22日No.11-082)
松山市報道資料
 「街はことばのミュージアム ことばのちからラッピングバス・電車出発式」(2011年6月17日)
 ※添付ファイル「バス・電車イメージ図」あり

※追記:2011年6月28日
 本日、松山市報道資料にも、該当報道資料が掲載されていたので、この情報を追記しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.21

【書籍】「歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄」No.16発売

 6月21日(火)発売の週刊朝日百科「歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄」No.16で、伊予鉄道を含む四国の鉄道が取り上げられている。
 内容は、「懐かしい鉄道風景探しの旅」「クロニクル」「往年の車両たち」「今を走る車両カタログ」からなっている。

【参考】
・朝日新聞出版「週刊朝日百科 歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.20

【催し】夏休みに「親子でECO木工教室」開催

 伊予鉄道とえひめエコ・ハウスの共催で小学生とその保護者を対象にした「親子でECO教室」が夏休み中の7月31日(日)に開催される。
 このイベントでは、小学生が森の大切さや環境について楽しく学んだり、間伐作業で切り出された木材を使って小物を作ることを通して、環境問題や森の役割が学べる。
 イベント概要は以下の通り。

日時:平成23年7月31日(日)
 全3回 ①10:30~ ②13:00~ ③15:00~
場所:えひめエコ・ハウス(えひめこどもの城内)
内容:
・森の役割やエコについて分かりやすく学ぼう!(約20分)
・間伐材(かんばつざい)を使った木工教室(約70分)
※ティッシュ箱&小物入れ(予定)を制作(制作物は変更になる場合あり)
募集対象:小学生以上の児童とその保護者の方(2名1組)
募集定員:各回15組
参加費:無料 ※実施場所までの交通費は参加者負担
申込方法:えひめこどもの城Web(下記URL)から申込み
      http://www.i-kodomo.jp/event/jizen.html#oyaeco
申込期間:2011年7月1日(金)~7月20日(水)
当選発表:申込多数の場合は抽選。
     ※当選者のみ開催日の1週間前までに招待状送付。
主催:伊予鉄道株式会社 えひめエコ・ハウス
協力:久万広域森林組合
問い合わせ先:
 伊予鉄道株式会社 CSR推進係(TEL:089-948-3197)
 えひめエコ・ハウス(TEL:089-963-4811)


【参考】
伊予鉄道公式Web
 「夏休み企画!親子でECO木工教室」(2011.06.20)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.14

【株主総会】6月28日(火)に開催

 伊予鉄道が株主宛に送付した「第103期定時株主総会召集ご通知」添付資料によれば、第103期(2011年3月期)の決算数値等については以下の通り。


■単独決算(伊予鉄道単体での決算)
●鉄軌道事業
 営業収益:30億4020万8千円(前期比 -1.2%)
 営業利益:6114万8千円
●自動車事業
 営業収益:35億4965万5千円(前期比 +1.0%)
 営業損失:1296万6千円
●付帯事業
 営業収益:36億8192万0千円(前期比 -2.0%)
 営業損失:8億1733万6千円
●全事業
 営業収益:102億7178万4千円(前期比 -0.7%)
 営業利益:8億6551万8千円
 経常利益:9億6435万9千円
 当期純利益:5億7120万0千円


■連結決算(伊予鉄グループ全体での連結決算)
 営業収益:551億4564万5千円
 営業利益:13億1424万6千円
 経常利益:15億6500万6千円
 当期純利益:8億6566万3千円

■輸送人員増減(対前年度比)
●鉄道事業: -2.0%
●軌道事業: -4.4%
●乗合自動車事業: -4.4%

■当期中に工事が完成した主な設備投資
●鉄軌道事業
 ・鉄道電車12両購入整備工事
 ・横河原線平井変電所変成器更新工事
 ・横河原線鷹ノ子駅~平井駅間PC枕木敷設工事
 ・鷹ノ子駅駐輪場整備工事
 ・城南線県庁前~大街道間軌道修繕工事
●自動車事業
 ・乗合バス(大型)5両購入
 ・貸切バス(大型)1両購入
●付帯事業
 ・梅津寺グラウンド整備工事

■当期末において施工中の主な設備投資
●各事業関連
 ・次期コンピュータシステム構築


 なお、今年の株主総会は6月28日(火)に伊予鉄道本店6階ホールで開催される。事業報告および計算書類・監査結果などの報告に続き、以下の3件の議案についての決議がなされる。
・第1号議案:剰余金の処分の件
・第2号議案:取締役10名選任の件
・第3号議案:退任取締役に対し退職慰労金贈呈の件


【参考】
「第103期定時株主総会召集ご通知」

【当Webサイト掲載の関連記事】
【決算】2011年3月期は減収増益(2011.05.25)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.08

【美化】5月のプチ美化運動実施状況をWebに掲載

 伊予鉄道では松山市が進める「プチ美化運動」実施企業に登録しており、各部署でボランティアによる清掃活動を実施している。6月8日付の同社公式Web更新で、同社の5月のプチ美化運動の実施状況が報告されている。

【参考】
伊予鉄道公式Web
 5月のプチ美化運動実施状況(2011.06.08)

【当Webサイトの関連記事】
【美化】「プチ美化運動」を開始(2011.05.06)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.06

【ICカード】中島大浦港に自動チャージ(入金)機を新設

 伊予鉄道の「ICい~カード」の自動チャージ(入金)機が中島大浦港待合所内に6月4日(土)から設置された。利用可能時間は5時00分から18時30分までとなっている。
 「ICい~カード」は伊予鉄道の電車・バスおよび伊予鉄タクシーの運賃支払に使えるほか、中島汽船での運賃支払にも利用できる。

【参考】
伊予鉄道公式Web
 「中島大浦港に自動チャージ(入金)機を新設しました」(2011.06.06)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »